パイナップルで下腹部の肥満治療をする

下腹部に脂肪が付くのは運動不足や便秘、姿勢の悪さなどが原因として挙げられます。下腹部の肥満治療は、一般的に定期的な運動や食事制限が必要です。しかし無理な肥満治療のプランを実践しても、栄養不足やリバウンドにつながる恐れがあります。そこで、パイナップルが、下腹部の肥満治療に貢献します。パイナップルのダイエット効果は、まずビタミンB1によって、糖質の分解を助けて代謝を促進することです。またビタミンB2やビタミンC、クエン酸には疲労回復を早める効果があるので、前日の疲れが残りにくく、毎日を活動的に過ごせるので消費エネルギーが増加します。さらに食物繊維が豊富で、便秘を改善するため、体の内側から痩せる環境を整えます。そして、パイナップルが肥満治療として最も優れている点は、酵素です。パイナップルに含まれる酵素には、脂肪を分解する効果があります。パイナップルは朝食と置き換えると良いです。朝は老廃物を排出する時間帯で、消化器官に負担をかけないことが大切です。酵素を摂取することで、消化に使われる体内酵素を排泄に使うことができます。また朝は糖分が脂肪に変わりにくいので、果物はダイエットに最適です。ただし果物の多くが体を冷やす作用を持っています。体温が下がると血行が悪くなり、代謝も低下します。またダイエットに有効な酵素は熱に弱い性質があります。缶詰は多くが一度熱で処理しているので、酵素の働きが弱い可能性があります。よってパイナップルを食べる時は、生のものを常温で食べるようにします。熟していないパイナップルは、酵素の働きによって口の中がピリピリと荒れることがあります。熟したものを選ぶと、1ヶ月程度続けるだけで、体重が5~10kg減ります。